遠隔操縦ロボティクス事業

遠隔操縦ロボティクス事業

VR・MR産業はもちろん教育や医療にも活用が見込まれます

VR・MRの活用はロボティクスの遠隔操縦やロボティクスの教育にも活用が見込まれています。
VR・MRおよび触覚フィードバックのマスター・スレーブ制御によって、より直感的な操縦や教育が可能になります。
さらに、動きのデータをAIで学習させることにより自動化する可能性も秘めています。

イクスアールは、今後訪れる人と協働ロボットの共生や、ロボットを通じた新しい相互コミュニケーションを実現します。

導入事例

マルチモーダルAIロボット プロジェクト 2017-2018

株式会社デンソーウェーブ、ベッコフオートメーション株式会社、株式会社エクサウィザーズの3社が中心となり、ディープラーニングでロボットアームをリアルタム制御する双腕型マルチモーダルAIロボットを開発。

AIの学習環境構築のために、VRデバイスによるマスター・スレーブ制御が必要となり、当社代表蟹江が、イクスアール設立前後にマスター・スレーブシステムの開発・実装に携わる。
本来ティーチングペンダントと呼ばれるロボットの操作に用いられるコントローラーよりもより直感的にロボットを操作することを可能にした。
野菜を盛り付ける・タオルを畳むといった不定形物把持の教師データの作成に大いに寄与。

その他、遠隔医療や特殊車両の操縦などの分野にも貢献できると考えております。
実証実験・試作開発から取り組みさせていただきますので、まずは一度お問い合わせください。

お問い合わせ

VR・ARのシステム・機材などのお問い合わせは、
以下のフォームに必要事項をご記入の上、送信ください。

会社名※必須
部署名
お名前※必須
メールアドレス※必須
電話番号※必須
お問い合わせ
プライバシーポリシーをお読みの上、送信ください。