DX推進におけるxR実践教育導入プロセス定義。産業向けクローズドメタバース構想も

イクスアール株式会社は、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)におけるxR(AR/VR/MR)導入プロセスを定義し、より多くの企業へ産業向け実践教育xRの導入を目指します。
多くの企業がDXの推進においてデータ活用・取得に重点を置いた、実践教育xRを導入する際のプロセスを定義致しました。

また、社会組織におけるリソースを”ヒト・モノ・環境”に見立てた、産業向けクローズドメタバース構想の発表いたしました。
経験・勘・感覚のデジタルデータが組織のDNAとなり、組織の身体として機能させるためのデジタル空間を産業向けクローズドメタバースと定義し共有・伝播・存在するための環境作りを目指していきます。

プレスリリースの記事は以下を参照ください。

イクスアール(株)、DX推進におけるxR実践教育導入プロセス定義。産業向けクローズドメタバース構想も
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000039232.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です